へべすに魅せられた男の話(クラウドファンディングに挑戦します)

本日より

 

クラウドファンデングに挑戦します。

特産品の消滅危機を救え!柑橘「ヘベス」苗木一口オーナー募集!

https://faavo.jp/preview/projectview?id=1765

 

僕はヘベス農家の黒木洋人です。

いつのまにか本業のハウスミニトマト農家という肩書きより

ここ半年でヘベすを栽培している人になってしまった感を感じられずにはいられません。

 

今年一発目の挑戦です。

たくさんの人に支えられて

この場をお借りして 挑戦しますと宣言させていただきます

 

宮崎県日向市 特産ヘベス

僕にとってヘベすとは生まれた時から食べ親しんでいるそんな香酸柑橘類

かぼす、すだち、レモン、シークワーサー、ライムなどの仲間だと思ってもらうと

一番わかりやすいかと思います。

果実の香りと酸味を楽しむ そんな食材です。

 

 

一家に一本ヘベすの木 

宮崎県は日向市に江戸時代から栽培される香酸柑橘ヘベすです

超ローカル柑橘なので

大事に大事に日向の食文化に根ざしています

 

昔々の言い伝えでは

お嫁に嫁ぐ際に

ヘベスの苗が嫁入り道具の一つとして持たされ、

徐々にヘベスの栽培が広まったと言われています。

 

そんな柑橘をたくさんの人に知ってもらいたい!

ヘベすの魅力

なんてったってヘベスの魅力は 豊富な果汁

カボス、すだち、その他の柑橘もそれぞれ魅力たっぷり果汁たっぷりなのですが

スパッと切った瞬間の タネの少なさ(ほぼ無い)

は他の柑橘との大きな違いかと思います。

なんてたって使いやすい

ちょうど良い酸味と主張しすぎない爽やかな香りは

一絞りで 食事を豊か華やかにします。

 

 

自分の説明

僕は農業始めて10年 そんなに学もなく

今までよくやってこれたな。とつくづく思うことがあります。

 

農家に生まれたことを悔いた10代

農業が楽しいと心のそこから誰かに伝えたいと思えるよになった20代

農業ブームに乗っかりまくりの行く先には困難しかないのではないかと

不安になる今まさに30代

そんな中、農業の良さが伝わればと始まった

カフェ森みち まだまだ本調子ではないですが

おかげさまでたくさんの方との出会いが生まれています

 

本業はミニトマト農家

ミニトマトが収入の大半を占めるている 

のですが

長年連作してる栽培圃場

毎年何かしら土壌病害に悩まされています。

農業後継者は大変です

農業 辞めようかなとも思うこともあったり

しかし辞めたら誰が責任とるのだと

今まで散々宣言してきたことはなんだと

自分に恥を敷いて

ケツに鞭打って今を進んでいます。

 

そんな中 

へべすに助けられる

ヘベすという隠し玉がここ数年で一気にその価値を見出し始めました

 

2016

東京吉祥寺でなぜかローカル柑橘が流行っている?

地域活動で交流のあったおじちゃんからの紹介で 繋がった吉祥寺

いつのまにか愛され吉祥寺に根ざすヘベすになりました。

僕はただ栽培していただけの人間なのですが

熱い気持ちで吉祥寺を盛り上げてくれている松江さんには頭が上がりません。

なので栽培はより一層気合を入れて取り組んでおります。

 

 

ヘベスの現状を見てみましょう

 

ヘベス生産者の年齢構成を見ていただくと。。

平均年齢は65歳以上

極高齢化!

 

老い先短いと この先誰にヘベスを託そうかと

ヘベすの苗を植える老人はいません

農業の大変さを一番分かっている人たちだから。

樹齢の限界とともに

年々減っていく収穫量と生産者

 

そもそもなぜ今まで世に出回らなかったのか

※ヘベすの生産量の少なさ。

同じような柑橘類(かぼす、すだち、ゆず)が乱立する中に

へべすを投げ込んで見ましょう。

ヘベス 150t 

比べ物にならないくらい少ないです!

これじゃ日本人1億人だとして 

ヘベス一個(約50g)皆さんに配ったとしても

全然!!行き渡らない

そんなかすかな生産量

 

皆知らないし 安定供給できる量が確保できない

 

へべす農家の悩み

 

農家の苦悩

僕の今栽培しているヘベス園地 

ヘベス農家の中では多い面積を保有しています

収穫できるヘベスの量は

年間5トンほど

青果出荷は2t

 500円/kgで販売したとしたら

100万円

加工果実3t

300円/kg

90万円

もちろん収穫して終わりではありません

栽培管理に肥料などその他経費がかかります

利益率は40パーセント

これだとどう考えても生活していけません。

最低でも今の10倍はないと。。。

 

でも10倍作って売り切ることが自分にできるのかな。。。?

5年間 投資一辺倒でやっていけるのかな。。

 

不安で仕方ないでも植えないと収穫にはたどり着かない。

生産者は減る一方

 

 

続けることが一番の近道

諦めたらそこで終わりだ

 

10年続けたら思っていた未来が待ってるのは何かしら

運のいい 自分だからどうにかなると信じて

 

流れに乗るのも大切だと学んだ20代

いざ乗ってはみたが以外に濁流だったり

必ず前には進んでるし

旅は始まったばかりです

 

へべす園

今回250株の苗木を上限に

一口オーナー様を募集いたします

一緒にヘベスの未来を考えましょう!

 

へべす農家で生計を立てて行くためには

まだまだ今の現状の面積ではとても食べていけないのが現実です。

目標は10年後までに栽培本数を今の10倍にします 

 

オーナーになっていただいた方へ

お礼として色々な特典をご用意しました。

⬇️

クラウドファンデングに挑戦します。

特産品の消滅危機を救え!柑橘「ヘベス」苗木一口オーナー募集!

https://faavo.jp/preview/projectview?id=1765

 

 

これから先の未来

 

ヘベスは植えてから5年ほどで収穫が始まります

その

収穫まで5年かかる期間の生産を請け負い

 

日向の地で 農業で生計を立てて生活したいという方への

就農への心強い一歩へ繋がるように

僕は何かしらサポートができるよう取り組んでいきたいと考えています。

 

お金はないが体力はあるぜって方も

現物支給でよろしければ ボランティア受付ています!

 

農業は楽しいものでないといけない

そして誇らしいものでないといけない。

 

 

 

貴重な種を絶やしたくない。

それが一番です

 

そして 香酸柑橘類という

カボス、すだち、シークワーサー、レモン、ライム 色々あります。

ヘベスという名前もその仲間入りさせてもらい

名前を知ってもらい選択してもらうことが第一歩かと考えています

 

香酸柑橘を知ることで

私たちの食生活が少しでも豊かになり

笑顔で美味しい食事を楽しめる人が一人でも増えればという

切なる願いです!

 

 

みなさま

応援とご指導ご鞭撻のほど

よろしくお願いいたします。

 

 

黒木洋人

ミドリの窓口

こんばんは 

 

明日(1月12日)より 2017森みちの営業が始まります

そんなか私は

昨日より風邪で寝込んでしまいまして 一日うなされていました。

体調が少し良くなったのでblogを書いています

あーものすごく時間がもったいないな。。 

 

 

今年の目標

 

3000株の春作ズッキーニの栽培を成功させ 定番化させる

大した栽培本数でもないです「気持ちは1万本」

 

昨年の秋作は雨に泣かされ苗はできたのに 畑が作れず

1000株ほど捨てました。

こんなことが起こったりするのでちょっと尻すぼみ。

これもまた勉強させてもらったことで

天候に悩まされる前に先手を打って余裕を持って準備が必要ということですね。

あと注意しないといけないのは

鹿がズッキーニを食べないように防護柵の準備です

おまけに

 年末に山から猿が群れで 集落に降りてきて騒いでいました。。

申年だったからですかね?

今年は酉年

鳥獣害対策は必須です。

 

 

 

そんなこんなで

年明け早々 夏を華やかにするためにいろんな野菜類の種まき開始となります。

そういえば先日受け取ったと話していた 

ビーツのタネはまだ私が受け取っていないがどこにいったのやら。。 

 あ、内輪の話です

 

農業と森みちとの関わりがまだ上手くリンクできていないので

今年は積極的に農業魅力を発信できるようお店周辺の畑作りを行なっていきます

お店や直売所に並ぶ野菜が少しでも増えるように今から準備します

 

森みちを拠点に、お客様とお客様、農業とが近くなれる場を作っていければと思います

森みちで 畑を食べる勢いで野菜生産に勤しみます。

 

 

 

今日だったかな?

FBに武雄の後輩の投稿にあった スプラウトニンニク

良く考えたななんて感心してしまいました。

視点を変えて物事野菜を見ることも大切だなと感じました

 

 

 

そんなこんな農業の方も忙しくしますので

お店に立つ時間は16時以降と土曜日となりそうです

用のある方は直接メッセージください!

 

cafe周辺作業ボランティア募集します

作業内容

草抜き、植え付け、収穫など

※お礼

  収穫された野菜を現物支給します

 

 

農家民泊を作る

 

というより

農作業後に汗を流せるシャワールームの整備に取り掛かろうと考えています。

夏は 近く奥野河川プールという夏は監視員付きの川をせき止めた

プールに泳ぎに行けば良いのですが

さすがに冬となると 寒いですし お勧めできません。

よって シャワールームです

 あわよくば五右衛門風呂もできると願ったり叶ったりなのですが。。

多くは望みません。

 

 

昨年末に夜みち(夜の森みち)を開催しました

さすがに外の焚き火は耐えきれないほどの寒さでしたが

好きな人はしばらく火に当たっていたようで

今年は季節が良くなった頃にイベントも何回か計画していこうかと思います。

またご連絡いたします。

 下の方にカレンダーを設置いたしました。

 

昨年末へべすの生搾り果汁をストックするために導入した冷凍庫ですが 

ギリギリ250Lの果汁は収まりきらず なんとか他の冷凍庫を駆使して納めました。

 

 

大人 3人くらいは入りそうです

今期は本命の3坪冷凍庫始動に向けてヘベスの確保に走りたいと思います。

 

お店が農業がヘベスが と三本立てで 迫ってきますが試される時期でもあります

三本の矢となって折れない農業ができると信じつつ

共倒れしないよう気を引き締めて今年は新しいことにチャレンジするのも大切ですが足場を固めていきたいと思います。

 

皆様遅くなりましたが

本年も引き続き

ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

4月 ヘベスの開花


 

 

2017 1月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

★焙煎荏胡麻(えごま)「えっ!ごま」 焙煎荏胡麻の実 140g 「α-リノレン酸」含有★

烏兎匆匆

こんばんは

 

あっという間に 12月31日

うとそうそう

 

みなさま

お世話になりました。

 

一年前には想像もできなかった

今を過ごさせていただいています。

 

2016

この一年は

ただ毎日をあたふたしながら過ごし

あっという間に過ぎていった一年でした

 

 

一年前にできるのか、できないのかと

毎日が不安不安で押しつぶされそうになりながら

動き回って 6月になんとかopenした 

cafe 森みち 

人に恵まれ動きすことができた事が奇跡だと今も思っています。

 

 

そしてそうこうしていると

8月にヘベスが始まり

なんだか森みちとヘベス関連の取材が増え

その後のメディアの力のすごさを体験し

ちょっと怯んでいるところに

 

 

日向ドラゴンアカデミーなる 月一講座に参加することになり

地域ビジネスの勉強をさせていただきました。

たくさんの人と出会い 同じ時間を共有できたこともまた思い出です

 

お題の(ヘベす)香酸柑橘の魅力

僕にとっての当たり前をまた改めて違った視点から考えることができました

 

 

そうこうしていると

 

もちろん2016年も吉祥寺でしっかり根ざしたヘベすですが

今年は六本木ヒルズにて行なわれた 東京ハーヴェストにて

ABCクッキングの協力のもとへべすのPRに立たせていただきました

 

そしてなんとへべす農家として

THE HARVESTAR☆2016受賞(9名)

 

ざーーーーーくり要約すると

激動の一年だったなと。

 

でも年明け早々

また何かが始まりそうな予感。。

 

とりあえず

一年の締め

 

来たる酉年と

『一年の計は元旦にあり』と何年も続けているご来光登山に向けて

体調とトマトの調子を整えることに専念することにします。

 

ご指導ご鞭撻いただきました

たくさんの皆さまに感謝し

これからもさらなる目標に向かって 

邁進していきます

 

来年もまたヒトとヒトとの一年になる事を

楽しみに過ごしていきたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

以下

写真とともに一年の回想ぼやき 

 

12月29日現在

12月 ばあちゃんが植えてくれていた秋じゃがいもがいくつか収穫できました。

11月 急に現れた ヘベスの伝道師 ヘベスくん(19) もうキラキラしてます

11月 滋賀県 タキイ園芸専門学校のジサブロウさん

10月 コーヒー教室

9月 ヘベス収穫祭

8月 夏野菜

7月 福岡MUJIにてヘベすのPR

7月 福岡 ポケモンGOをiPad Proでやってみる

6月 ばあちゃん来店

6月 毎年長崎の友人から送られてくる紅まくら(すいか)

5月 ズッキーニ(黄)の栽培風景

4月 ヘベスの開花

3月 店舗周辺整地

2月 森みち改装

2016年 1月 行縢山山頂にて


 

僕のヘベすには種がある。

こんばんは

 

実は話すことが苦手で

ブログなんかをちまちまと書いている人間です。

blogすら書く心の余裕すらなくなっているかわいそうな人間です

 

fullsizerender-8r-size

今朝は畑に霜がおりました。

img_1494r-size

霜に当たったズッキーニ  おそらくご臨終です。


朝からへべすの剪定をしていると

夏の名残が

img_1493r-size

夏の名残


そんなへべすもそろそろ収穫は終わりのようです。

今年もたくさんの方に

へべすを消費してもらい感謝しかありません。

そして栽培品質向上に努めていかなければというところです

 

先日、久しぶりに

へべす消費拡大プロジェクトの会議に参加してきました。

会場はいつもに増して混戦模様

僕もその当事者ではありますが

何やらどうも至る所で不思議な力が働いているようです

黙秘を貫いていましたが

なんだかなーと思う部分もあり 

絶対へべすをもっとメジャーなものにしてやると思った次第であります

 

僕はへべす生産者でもあり

本業は

ミニトマト農家

収入のほとんどはミニトマトからなっております。

たまたま祖父の代からへべすを生産していました

今年の夏からへべすのブランディングを猛勉強を始め

改めてへべすの魅力にいろいろと考えさせられることばかりであります

 へべすは地域の宝です

 

今年の夏は吉祥寺でローカル柑橘へべすが流行っている!!

と話題になりました。

 

僕は 田舎に帰ってきて

就農するとともに田舎をもっと楽しい場所にしたいなと

img_1458r-size

先日(11月20日)の草刈りの様子


自分の興味のあるいろんなことに顔を出しては

img_1457r-size

家主の要望で竹藪たっだ畑を開墾


その中でも思い入れのあるホタルやポポー

img_1452r-size

いつの間にかこんなに大きくなったポポーの木


ミニトマトの収穫体験なんか色々とやってきました。

その中でたまたま出逢った方にへべすをとお願いされたことから

今の吉祥寺の取り組みが始まったところで

もう3年

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-18-15-28

なんだか 吉祥寺で超ローカル柑橘 へべすが流行っていると

今年の夏は話題にのぼりました。

人との出逢いで導かれるよう今の状況です。

 

もう何度も吉祥寺には足を運びました。

この取り組みが始まった頃にまさかこんななるとは思いもしませんでした。

人と人、吉祥寺と日向市がつながる取り組みになるといいですね!と

始まったへべすの取り組み

三年目の今年は

img_1407

 

レモンサワーの(れ)が聞こえると

へ?

とヘベスサワーをお勧めする大将(すっぴん)

ヘベス生産者冥利につきるなと本当幸せを感じれる瞬間です。

 

東京の吉祥寺では

ヘベスの熱量がすごいです。

一方 生産地 日向市の飲食店はどうでしょうか。

宮崎はどうでしょうか? 

 

 

種があるとか 無いとか

ヘベスの品質がどうとかこうとか。

ブランド力がどうとかこうとか

まず知ってもらうことが大切なのかと

ヘベス、すだち、カボス

食べ比べて初めてわかるそれぞれの個性

普通食べ比べることすら無いのに

何の評価基準があるのだろうと

正直そう思います。

 香酸柑橘類に へべす すだち カボス といったように

香酸柑橘類に分類され

食卓に花を添える一品になればと願うところです。

 

※あ。ちなみにへべすってのは

カボス、すだち、レモン、シークワーサーなど

香酸柑橘類(読んで字のごとく香りと酢を楽しむ)の柑橘になります

img_1480r-size

左:すだち 中:カボス 右:へべす


そんなカボス。。

あ、へべす

って言い間違える人が多い

 

本当に

ほとんど知られていない香酸柑橘へべすです。

 

 

最近ありがたいことに

へべすについて取材を受けます

もう喋りあきました。

へべすの魅力は何ですか?

という問いに対して

素直に

(わかりません)

しいて言うなら

種が少なくて

香りと酸味がマイルドで食べ易い

へべす園 

僕にとってへべすとは

生まれた時には

すでに庭で栽培されていて

その木に登って遊んでいたのも覚えているわけで

というか

ハウス栽培を最初に試験的に取り組んだのは自分の父だったり

そんな身近にあって

秋刀魚に絞る柑橘は

生まれてこのかたへべすなんです。

そんなへべすで育った自分なので

日向を出て初めてへべすは日向にしかないと知りました

 

 

img_1496r-size

6月に森みちをオープンさせ

ご祝儀期間でお客様がひっきりなし

ありがたいことです。

やっとこさ半年ぶっ飛ばしてきて

最初の賑わいもひと落ち着き

「あ。俺、店始めたんだな。。」

って

今そう思えました。

走り出した終わりのないマラソンを

走り始めた初心者ランナーは

これからどう楽しんでいこうか模索を始めました。

 

今日 常連のお客様が夕暮れ時に久しぶりに

「ヒロくんやってるかー」とやってきてくれました。

 

なんだか自分がいろんなとこで色々やってるので

いつもいないし

何やってんだと 足が遠のいていたようです

それもそのはず

 

絶妙なさじ加減が難しいなと 最近そう感じ反省しています

img_1491r-size

定番のハヤシライスから メニューが変わりました。


Instagram @morimichi_ 

0982-66-6171

営業日 木 金 土

営業時間  11:00~18:00 

コーヒーの基本と題して

延岡でコーヒー豆屋さん(Regolith Coffee)と不定期(月二回)

コーヒー教室も始まりました

次は12月30日です

お問い合わせは 森みち(0982-66-6171)まで

 

 

 

 

お疲れ様です!

 

いつも通り月一更新の黒木です。

若干 一ヶ月を超えてます。

 

忙しいというのはいいことです。

なんだか心身ともに落ち着かない日々を過ごしています。 

ネタは尽きることなくただただつもり積もっていくだけなのですが

 

最近もっぱら 

プライベートで何かにチャレンジするということが

減ってしまったように感じます。

 

忙しさなのか

SNSの見過ぎなのか。

なんだか時間に追われてる感じ。

1日の終わりに何かしらの達成感を感じたい今日この頃です。

 

 

へべすは日向の宝である

imgp8856r-size



もう最近はへべすまみれです。

 

 10月の中旬あたりに東京へ。

へべすのPRへ行ってまいりました。

ん?10月てあんた

もう11月も中旬ですがな

 

もうなんだかんだと引っ張りダコで

自分の本業であるミニトマト栽培に支障をきたすほどです

 

9月から日向ドラゴンアカデミーという

地域ビジネスを創出するという講座を受講することになりまして

大変学びの多いH28年後半戦となっています。

 

日向ドラゴンアカデミー

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-8-57-12 

(事業構想)にも掲載されるという快挙!! 

9月からあっという間に11月

なんだか日向が熱い!

 

自分は三年の取り組みが実を結び始めたというか

吉祥寺に根ざした取り組みになってまいりました。

ありがたいことです!

ありがとうございます

 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-18-15-28 

東京:吉祥寺での取り組みも日テレで紹介されました 

 

いつの間にか吉祥寺でヘベスというローカルフードが知名度を得たなと

自転車操業でへべすを2トンを運ぶ男の偉大さだと

実感いたしました。

  

imgp8862r-sizer-size



たくさんの人に知ってもらいたい。

できれば

各家庭の食卓に へべすもですがカボス、すだち、ゆず、シークワーサー、レモン、ライムなど

香酸柑橘類

が 

そんな

脇役だけど名脇役な柑橘たちが

ぎゅっと一絞りするだけで

へべすなら宮崎味!カボスなら大分味!すだちなら徳島味!

そんなそれぞれの香り、酸味そして地域の話題が食事にプラスされることで

豊かに食を楽しむ

そんな食材として認知され愛される食材になれば良いのではないかと

ここ最近は思えるようになってきました。

imgp8858r-size 

 

続く