農業視察 San Francisco/Seattle 2



サンフランシスコを朝4時に出発

8時の便で シアトルへ

サンフランシスコから3時間ほどでカナダとの国境近いシアトルまでひとっ飛び

到着すると サンフランシスコの赤茶けた大地とは打って変わって

上空からは緑と湖?海?の広がる 緑豊かな大地が広がっていました

 

到着すると シアトルを案内していただく 辻さんと合流

辻さんは 日本でとマキネスティコーヒー(ラマルゾッコの正規代理店)のオーナー

日本とシアトルを行き来している方で 今回は奥さんにシアトルを案内していただきました

今回の旅の前に日向市で 辻純一さん にお会いして 

再生可能エネルギーオフグリッドの話や アメリカの農業事情を聞いて

旅立つ前に いい刺激をいただいていました

 

再生可能、循環といった考えかたの中に必ず

農業や自然に関わる仕事は必要不可欠で

その中に先端の技術を組み込んでいくスマートな社会の実現を目指したい

今回のシアトルは先進地でもありとても楽しみで仕方ありませんでした

 

シアトル到着

辻さんの案内で 市内観光


シアトル市内を望む高級住宅街


 

 

Microsoftとの共同研究をおこなっている 人類学者のショーンさんの畑へ

よ!素人感満載

 

今回の旅はオーガニック先進国の 現状を観てこい!とのお達しで来たので

農業現場にとどまらずもちろんマーケットも視察 

スーパーマーケットを数件見て回り

その陳列に感動しました

美しすぎる!

全米で一番陳列が綺麗なスーパー 

常時これ

 

 

シアトルといっても

僕もシアトル・マリナーズ イチローーー そんなイメージばっかりで

どんなとこなんてリサーチできてるわけでもなくただついて行くだけの今回の旅

しかしついた瞬間

気候の良さ、住みやすさといったらもう

全部ほっぽり出して移住したいくらい

なんていいとこだーと ずーと思ってました。

こんな緑の深くて湖があってすごく発展してる都会で。。 

少し町から離れた郊外で 野菜を作って マーズマーケットで日本の野菜を作って生計をたて

ログハウスでも立ててでっかい車に乗って休日はトレーラーハウス引っ張って湖のほとりにキャンプして

夜は焚き火で でっかいハムを厚切りで焼いて食べて

朝から船浮かべて釣りをしてトラウト釣るの と 一人妄想にふけってました

熊でるけどね

 

シアトルは マイクロソフトの本社や最近ではアマゾンが町のど真ん中にでっかい本社ビルを二本もぶっ立ててたり スターバックスの一号店があったり もういろんなものが揃ってるところでして 

あー海外で オープンカー乗りたいとこれまた物思いにふけってました 夏ジリジリ暑いし冬キンキンに寒いし日本で乗るもんじゃねーななんて

こちらにもまたアプリでうまく利用できる ライムバイクが町中至る所に放置されています

 

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今 だ か ら こ そ 僕 た ち 若 い 世 代 が 新 し い 感 覚 で 前 に 出 て い き ま し ょ う 。「 生 き る 」 の 中 で「 食 べ る 」は 最 も 重 要 な こ と 。そ の 食 料 を 他 に 依 存 し き っ て い る 日 本 。食 の 多 様 化 の 中 で 忘 れ さ れ る伝統食、伝統野菜、日本人の誇れる味覚・・・。農家の平均年齢 65 歳。10 年後、20 年 後 の 日 本 の 農 業 は? 私 た ち の 食 料 は? 農 家 だ か ら で き な い で は な く 、 農 家 に し か で き な い こ と を 。し っ か り 地 に 足 を つ け 泥 だ ら け の 生 き 方 に 誇 り を も ち 、伝 統 を 丁 寧 に 次 世 代 へ 。感 動 や 幸 せ は 五 感 を 満たされた先にあると信じて日々農 業に真 剣にとりくんでいます。 ”野菜のこと、ちょっと知るだけで私たちの食生活はもっと豊かになります。